気を付けて!公式問題集だけで、TOEIC800点突破が難しい理由

TOEIC 800 公式問題集

TOEICの勉強方法、対策として王道なのが公式問題集です。
これに関しては必要不可欠な教材、マストアイテムと言えるでしょう。
TOEICに関する書籍やブログを見ても、大半の方が公式問題集の購入を薦めているはずです。
非推奨の方がいるならば、信じないほうが良いですよ。
その位、必要不可欠な教材だと言えます。

何故かというと、一番本番のTOEICに近いものだからです。
同じプロセスで作成されているからです。

他の教材、問題集の場合にはレベルに差がある場合があります。
本番との差が激しいので、あまり役に立ちません。

特に、公式スピーカーのリスニングというのは大きいです。
本番と同じ人が担当しているとは限りませんが、限りなく近いレベルです。
同じトレーニング設けている訳ですから。

ですが、公式問題集だけでTOEIC800点を突破することは厳しいです。

公式問題集はあくまで仕上げ

公式問題集といいうのは、あくまでも総仕上げの為の教材です。
実力を身につけるというよりも、勉強してきたことの仕上げとして使う物です。
その上で間違えた箇所を復習し、更にスコアを目指すために使います。

言い方を変えると、テクニックや知識を学ぶために作られていません。

問題に対しての一定の解説はあります。
ただ、あくまでも問題に対する解説です。
テクニックに関する解説は一切ないです。

英単語も問題文の単語は書かれていますが、それだけです。
800点を突破するために必要な英単語の知識を、全て学べるものではないです。

公式問題集は凄く優秀な教材ですが、買う前にまず800点を突破するための知識やテクニックを習得するようにするべきです。

その方法についてですが、具体的な内容についてはトップページでご紹介しています。
もし興味がありましたら、社会人がTOEIC800点を最短で突破するための指南ブログをご覧下さい。

公式問題集へのチャレンジは本番2週間前までに!

余談ですが、公式問題集に挑戦するのは本番の2週間前迄が良いです。
それよりも短い、1週間前だと微妙ですね。

何故かというと、間違えた箇所の反省や弱点の克服の時間が足りないからです。

一番大事な事ってどれだけ正解したかじゃないんです。
何処を間違えたのか、次は正解できるようになることが大事なのです。
復習の為にも、絶対に公式問題集は速めに挑戦するように心がけて下さい。
1冊も高いので、無駄にするのは勿体ないですからね!

もし苦手な箇所が偏っていたら、試験までにそこを重点的にやれば良いです。
そうすることで、800点を取る為のバランスよい英語力が身に付きますよ。

コメントを残す